脂肪減量マニュアル
お問い合わせリンク脂肪減量マニュアル

脂肪燃焼スープ

「運動しないで痩せる」ことや「食べるだけで痩せる」ことは、万人の望みであると言い切っても過言ではないでしょうか。
そんな願いを叶えてくれるのが「脂肪燃焼スープ」なのです。脂肪燃焼に効果のある栄養素を豊富に含んだ脂肪燃焼スープのレシピを紹介していきます!

脂肪燃焼スープの作り方!

人間という生き物は、「楽をしたい」という気持ちを原動力にして文明を発達させてきたという経緯を持っているといえます。ダイエット食品が次々に登場しているのには、そういった背景があるのです。脂肪燃焼スープもその一つで食べることで脂肪の燃焼をサポートしてくれるのです。

脂肪燃焼スープの特徴

脂肪燃焼スープは、脂肪の燃焼に効果のある野菜を数種類使用しているのが特徴です。野菜に含まれる各種ビタミンやミネラルによって、脂肪の燃焼を促進させてくれるのです。脂肪燃焼スープは野菜を摂る機会が少なくなりがちな現代人の食生活に即した料理でもあるのです。また、スープ自体は一日に何杯でも食べてよいとされているため、空腹感とは無縁のダイエット方法でもあるといえます。

脂肪燃焼スープのデメリット

脂肪燃焼スープは、本来心臓手術を受ける患者が手術前に体脂肪を減少させるために食べるメニューとされています。そのため、たんぱく質や脂肪分が少ないという栄養バランス上の欠点があります。また、脂肪燃焼スープの食べ方として推奨されている「7日間ダイエット」は、一種の断食に近い内容となっているため通常の食事に戻すと胃腸を痛めてしまう恐れがあります。

脂肪燃焼スープのレシピと食べ方

脂肪燃焼スープはどこでも手に入る材料と簡単な調理法がその人気を支えているといえます。ここでは脂肪燃焼スープの基本レシピと、効果的な食べ方を紹介します。

材料(一週間分)

キャベツ…1/2個、セロリ…1本、タマネギ…3個、ピーマン…1個、トマト…3個(ホールトマト1缶でも良し)、ニンジン…1本、スープの素…1個、水…3リットル、塩・コショウ

作り方

野菜類は、水洗いした後に食べやすい一口大の大きさに切り分けておきます。鍋に切った野菜と水を入れて、15分から20分ほど煮込んでいきます。水が減ったら足していきます。野菜が柔らかくなったらスープの素を入れ、塩・コショウで味を調えて出来上がりです。

効果的な食べ方

脂肪燃焼スープは減量効果の高いダイエット法であるといえますが、栄養バランスが良くないため身体に負担を掛けてしまうことも少なくありません。なので、脂肪燃焼スープを食べる際には不足しているたんぱく質を摂取するために、脂肪分の少ない赤身肉や鶏ささみ、植物性たんぱく質を豊富に含む豆類を一緒に食べるようにします。

保存に関して

スープ料理の欠点として言えるのは、「保存性が低い」ということです。脂肪燃焼スープもその例外ではなく、保存にも気を使う必要があります。鍋ごと冷蔵庫で冷やして毎日火を通すか一日分ごとに小分けして冷凍保存すれば、保存性の問題は解消されます。

脂肪
<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank"><img src="http://sibogenryo.com/img/banner.gif" alt="脂肪" width="88" height="31" border="0"></a>

脂肪減量マニュアル

<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank">脂肪減量マニュアル</a>

広告掲載