脂肪減量マニュアル
お問い合わせリンク脂肪減量マニュアル

運動で脂肪燃焼

体脂肪は、使用し切れなかったエネルギー源を保存するための状態です。つまり、保存したエネルギー源を使用する行動をとれば、体脂肪は減少していくということになります。そして体脂肪を燃焼させるために最も有効な行動が、運動なのです。ここでは運動による脂肪燃焼の基礎を紹介していきます。

運動して脂肪を燃焼させる!

身体を動かす運動は、筋肉組織の伸縮を繰り返すことで多量のエネルギーを消費するため、筋肉細胞や肝臓に蓄えられているグリコーゲンや体脂肪の燃焼を必要とします。つまり、脂肪燃焼のためには運動が最も効果的な方法なのです。

脂肪を燃焼させるための運動とは?

一口に「運動」といっても、内容によっては筋肉が必要とするエネルギー源が違ってきます。グリコーゲンは、筋肉細胞に蓄えられている即効性のエネルギー源で短時間の運動で消費されやすいという特徴があります。一方、体脂肪は長時間の運動でグリコーゲンが消費されるとエネルギー源として働く性質を持っています。グリコーゲンが消費される運動を「無酸素運動」といい、体脂肪が消費される運動を「有酸素運動」といいます。つまり、脂肪燃焼に効果のある運動は有酸素運動ということになります。

有酸素運動の種類

脂肪燃焼に効果のある有酸素運動には、「長時間に渡って一定のペースを保って行なう運動」が当てはまります。基本的にはジョギングやウォーキング、水泳やエアロビクスなどが有酸素運動に分類されます。また、エアロバイクやステッパーなどの運動器具でも室内で有酸素運動を行えます。

有酸素運動の問題点

一見、理想的な脂肪燃焼法に見える有酸素運動にはいくつかの問題点があります。それは「長距離を進む運動の場合、季節に応じて防寒・防熱対策を取った衣服を着用する必要があること」、「スタミナ不足の人にはとっつき難い運動であること」などが挙げられます。肥満体型の人にとって、スタミナ不足は悩みどころの一つでもあるといえるためどのようなペースで始めていいのかが判りにくいのも悩みどころです。

脂肪燃焼のための有酸素運動

有酸素運動は、正しく行えば脂肪燃焼に効果を発揮します。では、どのようなことに気を付けて有酸素運動を行えばいいのでしょうか。

無理をしない

肥満体型が気になったからといって、「10kmのジョギングを毎日行なう」という計画を立てるのは無謀です。有酸素運動の続行は、小学生の頃の「夏休みのスケジュール」と同じように、最初に出来ない計画を立ててしまうと絶対に続かないのです。自分の出来る範囲で「無理だ」と思ったらそこで止めることも大事なのです。

準備運動を欠かさない

準備運動は、身体を温めて血行を良くして運動に適した状態に身体を置くために必要です。準備運動なしに急に運動すると、スポーツに慣れている人でも心臓に大変な負担を掛けてしまうことが充分にあるのです。

出来る範囲で続ける

これは「無理をしない」と似ているのですが、運動は慣れれば慣れるほど身体にかかる負荷を大きくしないと効果がないように思えてくるのです。しかし、運動の負荷が大きければ大きくなるほど身体に掛かる負担は大きくなり、足腰を痛めてしまう恐れも出てきます。慣れてきても運動の内容を強めないのも長く続けていくための秘訣なのです。

脂肪
<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank"><img src="http://sibogenryo.com/img/banner.gif" alt="脂肪" width="88" height="31" border="0"></a>

脂肪減量マニュアル

<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank">脂肪減量マニュアル</a>

広告掲載