脂肪減量マニュアル
お問い合わせリンク脂肪減量マニュアル

生活習慣病

かつて「成人病」と呼ばれていた生活習慣病は、生活習慣が不規則になりがちな大人に多い病気でした。しかし、最近は子供にも生活習慣病が見られるようになってきています。「脂肪分の摂り過ぎが生活習慣病を招く」といわれていますが、それは何故なのでしょうか。脂肪と生活習慣病の関係を紹介していきます。

生活習慣病とは

生活習慣病は食生活や運動などの生活習慣に起因して発症する病気のことです。一昔前までは「成人病」といわれていましたが、「加齢が原因である」と考えられていたことからそう呼ばれていました。現在は、子供にも生活習慣病が現れていることから生活習慣だけでなく遺伝などの要素が複合的な原因となっていると考えられています。

主な生活習慣病

生活習慣病は、主に血管や血液の流れを阻害する病気で構成されているといえます。

脳卒中

脳卒中は、脳の血管が何らかの原因で詰まり血流が遮られて脳の働きを阻害してしまう病気です。主に、コレステロールによって出来る血栓が原因の脳梗塞が多くを占めています。

高脂血症

高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が標準値を上回っている状態の病気です。高脂血症は動脈硬化の原因となることがあります。

動脈硬化

動脈硬化は、血管にコレステロールや血液が詰まって血流量が減ってしまう病気です。動脈硬化の原因となる血栓は、脳梗塞や心疾患の原因になることがあります。

糖尿病

糖尿病は、血中のブドウ糖の量が処理しきれないほどに増えることで起こる病気です。遺伝などの様々な原因がありますが、生活習慣病としての糖尿病は肥満から来るインシュリン分泌能力の低下が主な原因となります。

脂肪と生活習慣病の関係

体脂肪が増加することで起こる肥満は、生活習慣病の一つに数えられています。肥満は病気というよりも身体の状態ですが、生活習慣病の発病リスクを高める危険性を持っているのです。

肥満の原因

主な肥満の原因は、「摂取したエネルギーが消費しきれないまま体内に残ること」であるといえます。運動不足が肥満の原因になるのはこのためです。また、ホルモンバランスの崩れなどが原因で肥満を起こすことがあります。

肥満の種類

一口に「肥満」といっても、増加している体脂肪によって種別されているのです。主な肥満には、皮下脂肪の増加で起こる「洋ナシ型肥満」、内臓脂肪の増加で起こる「りんご型肥満」があります。生活習慣病の原因となるのはりんご型肥満で、発病リスクを引き上げる恐れがあります。洋ナシ型肥満は、生活習慣病の発病リスクは遥かに小さいものとされていますが油断は禁物です。

どのようにして生活習慣病に繋がるのか

肥満によって発生するデメリットとしては、「体重の増加に伴う心肺能力の低下」が挙げられます。心肺能力の低下は心臓の拍動回数の増加に繋がり、血流の乱れを起こします。乱れた血流は血液の停滞を起こし、血栓を発生させ動脈硬化を引き起こす危険性があります。また、脂肪過多状態にある身体はインシュリンの分泌を活性化させて、中性脂肪の分解を行なおうとします。しかし、インシュリンの過剰分泌はインシュリンの分泌自体を低下させてしまうため、糖尿病を引き起こす原因となるのです。

脂肪
<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank"><img src="http://sibogenryo.com/img/banner.gif" alt="脂肪" width="88" height="31" border="0"></a>

脂肪減量マニュアル

<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank">脂肪減量マニュアル</a>

広告掲載