脂肪減量マニュアル
お問い合わせリンク脂肪減量マニュアル

コレステロール

コレステロールは、生活習慣病の原因として長い間恐れられてきた脂質といえます。しかし、コレステロールは身体を維持するためには必要な物質なのです。
コレステロールの摂取がもたらす効果と、コレステロールの摂り過ぎがもたらす影響とはどのようなものなのでしょうか?

コレステロールの実態

コレステロールは、長年に渡って嫌われてきた脂質です。「コレステロールの摂り過ぎは動脈硬化を招き生活習慣病の元となる」といわれて来ましたが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

コレステロールの働き

コレステロールは、体内では全身の細胞膜を維持するために必要な栄養素として使用されています。細胞膜だけでなく、脂肪の消化に必要な胆汁酸や性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料としても使用されています。コレステロールは消化器で吸収された後、全身に運ばれ細胞膜の維持やホルモンの分泌に使用された後、余ったコレステロールが肝臓に運ばれ胆汁酸の合成に使われます。それでも余ってしまった分は、胆汁と一緒に消化物に混ぜられ排泄されるのです。

コレステロールの善玉・悪玉

一般に言われる「善玉コレステロール」や「悪玉コレステロール」は、全身にコレステロールを運ぶために使用される「リポ蛋白」というたんぱく質と脂質の合成物質のことを言います。善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いは、コレステロールの運搬方法にあります。善玉コレステロールは肝臓に戻されるまでコレステロールを運び続けますが、悪玉コレステロールは全身にコレステロールを運ぶまでしか仕事をしないのです。つまり、善玉は往復便で悪玉は片道便なのです。しかも、悪玉コレステロールが運んだコレステロールは回収されないため酸化しやすく、動脈硬化の原因になってしまうのです。

コレステロールの真実とは

コレステロールは、「生活習慣病の元」という扱いを受け続けている存在であるといえます。そのため、摂り過ぎどころか全く摂取しないという人も少なくないようです。コレステロールを全く摂取しないとどうなるのでしょうか? そして、摂り過ぎるとどうなるのでしょうか?

コレステロールの摂取不足

コレステロールは細胞膜を維持するために必要不可欠な物質なので、低コレステロール状態が続くと細胞膜が崩れ、ガン細胞が発生しやすくなってしまいます。また、不足したコレステロールを補うために肝臓でコレステロールの合成が行なわれるようになりますが、それは摂らなくてもよいということではありません。肝臓でコレステロールが合成されると、老化の原因といわれている活性酸素が発生してしまいます。また、低コレステロールはうつ病の原因にもなるといわれています。

コレステロールの摂取過多

基本的に、人間の身体は過剰摂取した栄養は排泄物と一緒に体外に排出されるように出来ています。なので、コレステロールも多量に摂取しても身体の中にたくさん残るというわけではないのです。しかし、体内で使用されているコレステロールの7割は肝臓で合成されているといわれているため、コレステロールの過剰摂取が身体に良くないことには変わりありません。コレステロールの過剰摂取は、動脈硬化の主な原因になるといわれています。

脂肪
<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank"><img src="http://sibogenryo.com/img/banner.gif" alt="脂肪" width="88" height="31" border="0"></a>

脂肪減量マニュアル

<a href="http://sibogenryo.com/" target="_blank">脂肪減量マニュアル</a>

広告掲載